• 印刷する

テイクオフ:「隠れ家的なバー」が、…

「隠れ家的なバー」が、マニラ首都圏で静かに増えているそうだ。そのうちの1軒、「ABV」の店員に聞くと、「フォート・ボニファシオにあるセブン―イレブン店内を抜けたところの『バンクバー』は知ってるかい?」といたずらっぽい笑みを向けてきた。

「ちょっと変わった趣向」を求める中高所得層の需要に応えているのだという。3年前に開店したABVは、米国の禁酒法時代がコンセプト。店員は「映画『ファンタスティック・ビースト』第1作の舞台にワープさ」と、地味に分かりにくく熱弁してくれた。

教えてもらった店はほとんどが、ここ2~3年でオープンしている。何軒かは訪れたことがあるが、いずれも出入り口が分かりにくかった。念のため、「現政権による麻薬戦争から逃れている訳ではないよね?」と聞くと、彼に失笑された。ひと味違う、隠れた名店。カクテルがうまい。(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

訪日シンガポール人15%増、3月の記録更新(04/18)

テイクオフ:3月末にフィリピンの夏…(04/17)

セブンイレブンが2500店突破 12%増、コンビニ業界リード(04/17)

19年度国家予算が成立、大統領は一部拒否(04/17)

20年度予算は9%増の4.1兆ペソ、政府方針(04/17)

ケソン市、認可手続き電子化で3団体と覚書(04/17)

持続可能性報告、来年から上場企業に義務化(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン