ラオス民法典が成立 日本が支援、市場経済に下地

日本が起草を支援してきたラオス民法典が6日、ラオス国民議会(国会)で承認され、成立した。2012年の支援から6年越しの成立となり、20年にも施行される見通しだ。社会主義体制のラオスにとって、私有財産や個人間の契約などを規定する民法の整備で市場主義経済への移行に向けて…

関連国・地域: ラオス日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

若者向けITセンターが開所、韓国支援(05/20)

通信規制庁、SIMカードの登録アプリ開発(05/17)

世銀、公共財政管理・衛生改善を支援(05/16)

ホアファット、マレーシアに鋼線を初輸出(05/16)

国産品見本市、催事場火災で7月に延期(05/15)

カセムラート病院、3年間に病院4軒増設へ(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン