エネ鉱省、バイオ燃料精製でCPO消費拡大へ

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は、パーム原油(CPO)の国内消費を拡大するため、国営石油プルタミナの3カ所の製油所をバイオ燃料の精製プラントに改修する。エネルギーミックス(電源構成)に占める化石燃料の割合を縮小させ、CPO国際価格の安定化を図る狙いがある…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 農林・水産天然資源電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「もういくつ寝ると」ク…(12/19)

イオン、ゴジェックと提携 配送や電子決済などで客層拡大(12/19)

東急不動産の分譲マンション、来年1月販売(12/19)

JCB、国営マンディリ銀とクレカ発行(12/19)

東洋エンジ、日本触媒の石化プラント受注(12/19)

国際協力銀、石化大手に協調融資1.7億ドル(12/19)

三菱自、小型ピックアップを無償点検・修理(12/19)

トヨタ車ディーラー、スマトラ島に6店開設(12/19)

ガルーダ、スリウィジャヤの航空券販売開始(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン