• 印刷する

経営者協会が労働法の改正要求、多様化受け

インドネシア経営者協会(Apindo)のハリヤディ会長は、ITの発達とともに働き方が多様化していることを受けて、労働法の改正を政府に求めている。1日8時間労働を前提とした月額の最低賃金を保証するのではなく、最低時給や成果報酬に関する規定などを定めて、フリーランスで働く人を保護すべきだと主張した。6日付ジャカルタ・ポストが伝えた。

ハリヤディ会長は5日の記者会見で、配車アプリの運転手などフリーランスとして働く人が増えている一方、労働法『2003年第13号』はそうした働き方を保護する規定となっておらず「時代錯誤だ」と指摘。時給や日給、週給の最低賃金策定などの必要性を訴えた。「(フリーランスで働く人が)生産性や収入を上げることができる規定が必要だ」と述べた。

インドネシアのシンクタンク、経済改革センター(CORE)のモハンマド・ディレクター(調査担当)は、フリーランスを含めた、より包括的な労働法を策定すべきだと指摘した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ジョコ大統領の支持率49%に、コンパス紙(21:05)

損保業界、国民健保普及で医療保険が縮小(21:10)

バタム島造船業、不当廉売税規定の改定要請(21:10)

テイクオフ:MRTなどの開業でジャ…(03/20)

電子マネー決済額47兆ルピア 前年比4倍、銀行が事業拡大へ(03/20)

1~2月二輪車販売台数、19%増の110万台(03/20)

ホンダ、2月もブリオシリーズが5割以上(03/20)

【アジア自動車データ集】二輪販売(359)(03/20)

潤滑油ラボが開所、国内基準の取得義務化で(03/20)

EUのパーム油規制、WTOに提訴へ(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン