掲陽市の石化基地が着工、ベネズエラと合弁

中国石油最大手の中国石油天然ガス集団(中石油)とベネズエラ国営石油公社(PDVSA)が合弁で推進する石油精製・石油化学一体化プロジェクトが5日、広東省掲陽市の大南海国際石化工業区で正式に着工された。ニュースサイトの澎湃新聞が伝えた。 投資額は654億元(約1兆700億…

関連国・地域: 中国-広東中南米
関連業種: 化学建設・不動産天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾の著名なパン職人、…(12/19)

テイクオフ:日本からの視察が引きも…(12/19)

【改革開放40年】(4)創新と創業 勃興する新産業、発信の時代へ(12/19)

改革開放「とことんまで」、40周年で習氏(12/19)

銀行「スキルギャップ」、業界6割が認識(12/19)

自動車産業投資で新規定、EVも管理を強化(12/19)

外国人犯罪の摘発、中国人が75%(12/19)

本土向け生保の販売拡大を、金発局が提言(12/19)

ベンツが米産モデル値下げ、来年3月末まで(12/19)

中国国境の橋が崩壊、主要国境貿易路が断絶(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン