• 印刷する

深港通から2年、取引総額4.8兆ドルに

深センと香港の株式相互取引「深港通」が2016年12月5日の導入から2年を迎え、双方向間の取引総額は、香港ドルベースで4兆7,900億HKドル(約69兆1,200億円)となった。このうち深セン経由で香港の上場株式を売買する「港股通」は1兆5,200億HKドル、香港経由で深センの上場株式を売買する「深股通」は2兆8,700億人民元(約47兆円)だった。6日付信報などが伝えた。

港股通を通じた香港への純資金流入額は1,860億HKドル、深股通を通じた深セン市場への純資金流入額は2,670億元。

中国本土A株がMSCI新興市場指数に組み入れられた5月末以降、外資による深股通を通じた深セン株の取引が増えており、5月末から8月末までの1日当たりの平均取引額は90億1,000万元となり、その前に比べ6.3%増加。直近1カ月は96億元台まで拡大した。過去2年で最も外資に買われた深セン株は家電大手の美的集団となり、総額300億元を超えた。

今年これまでに外資が買い入れた深セン株は1,150億元の規模で、上海と香港両市場間の株式相互取引制度「滬港通」を通じた上海株の買い入れ規模を36%下回る。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

科技大、本土AI企業と共同研究(19:08)

中小企業の大半が見通し楽観 経済悪化認識も、大湾区に商機(03/26)

来月導入の任意医療保険、週内に商品発表へ(03/26)

中小型株の売買を活発に、HKEXが案検討(03/26)

反落、29000の節目割り込む=香港株式(03/26)

台風22号、保険金請求額は29億$に(03/26)

米スポーツ用品大手、香港に地域本部開設へ(03/26)

出所不明の香港ウナギ6トン、台湾などから(03/26)

トリドール傘下の雲南麺チェーン、海外進出(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン