• 印刷する

台湾二輪キムコ、スマートスクーター投入

台湾の二輪車大手、光陽工業(キムコ)はこのほど、フィリピンで新型スクーター3車種を発売した。スマートフォンをダッシュボードに据え付け、専用アプリでナビゲーション・システムを使えるスマートスクーターを投入するなど、独創的な装備で売り込みを図る。地元紙ビジネスワールドが伝えた。

「ライク150iABS」「ライク150iヌードー」(排気量150cc)、「エキサイティング300i」(300cc)の3車種を、11月28日に発売した。価格はそれぞれ9万8,800ペソ(約21万4,000円)、11万9,900ペソ、23万9,000ペソ。150ccの上位車種、ライク150iヌードーは、クラウドサービス「ヌードー」を装備し、スマホで目的地を設定するとアプリが自動的に情報を取り込み、ダッシュボードのパネル上にナビゲーションを表示したり、天気予報やガソリンスタンドの位置情報などを表示したりできる。

ライク150iABSは、最大出力13.5馬力の空冷エンジンを搭載し、前輪、後輪ともに12インチ。ドイツの自動車部品大手ロバート・ボッシュのアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)を採用した。エキサイティング300iは、29馬力の水冷エンジンで、前輪は14インチ、後輪は13インチ。通常型の多機能パネルを備えている。

現地子会社キムコ・フィリピンのフランク・ヤン社長は、「国内のバイク市場は見通しが明るく、現地の道路、交通事情に適した新モデルを投入した」と話した。


関連国・地域: 台湾フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

外食マックス、18年は8%増収(03/22)

新車販売、日産がトップ3に 1~2月は韓国現代自超え(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

政策金利据え置きを決定、3会合連続(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

スービック鉄道などへのODA、中国と協議(03/22)

産休延長は女性採用に影響、労組が非難(03/22)

社会保険料、4月から月額給与12%に上げ(03/22)

21日為替:$1=52.840ペソ(↓)(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン