• 印刷する

豪州上位50社売上高、資源大手貢献で4%増

会計大手KPMGが5日発表した報告書によれば、オーストラリアの上場上位50社(ASX50)の売上高は、2017/18年度に全体で6,590億豪ドル(約54兆2,878億円)と前年比4%増となった。資源やエネルギー大手の好調な業績によるところが大きい。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

50社の中では、特に英豪系資源大手BHPやリオ・ティントなどの売上高が伸びた。また、エネルギー大手のAGLやオリジン・エナジー、石油大手サントスなどの売上高も大きく増えている。

一方、純利益では50社の資源関連企業全体では、28%増の430億豪ドルとなり、エネルギー企業全体では359%増の70億豪ドルとなった。これらの企業の増益の主な原因としては、コモディティー価格の上昇が挙げられる。

また、オーストラリア・ニュージーランド銀行やコモンウェルス銀、ナショナル・オーストラリア銀、ウエストパック銀の4大銀行の純利益は全体で2%増の440億豪ドルだった。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2大スーパーのコールズ…(03/22)

豪失業率、8年ぶり5%下回る 好転も労働参加率下落には警戒感(03/22)

労働党の税改革案、不動産市場さらに低迷へ(03/22)

WA州、ネガティブギアリングの不動産多く(03/22)

NSW労働党、東部州高速鉄道開発を重視(03/22)

LNG・製造業、労働党のCO2削減案懸念(03/22)

大手企95%が完全納税、タスクフォース成果(03/22)

労働協約システムへの不満、大手企業で増加(03/22)

残虐動画の流出防止、首相が通信企と協議へ(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン