来年の成長率は鈍化、経済団体が予測

タイの主要経済3団体で組織するタイ商業・工業・金融合同常任委員会(JSCCIB)は、来年の国内総生産(GDP)成長率が4.0~4.3%となり、今年に比べて鈍化すると予測している。農産物価格下落や米中貿易摩擦などが要因。5日付バンコクポストが報じた。 JSCCIBを組…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:イスラム教のアザーン(…(02/20)

18年のGDP成長率は4.1% 民間消費けん引、6年ぶり高成長(02/20)

ポルシェ大幅値下げ、今年の販売目標650台(02/20)

マプタプット港拡張、PTT・ガルフが応札(02/20)

サラブリ県でスマートバス、4月に運行開始(02/20)

不動産仲介ERA、コンド開発事業に参入(02/20)

Q4に住宅譲渡が急増、ローン規制控え(02/20)

JBIC、外観検査デクシスのタイ事業支援(02/20)

EGAT、10年間で2兆円を設備投資(02/20)

タイオイル決算、在庫損失拡大で6割減益(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン