• 印刷する

当局がエアアジアに制裁、運賃の不正表示で

マレーシア航空委員会(MAVCOM)はこのほど、格安航空会社(LCC)のエアアジアと同社の長距離部門エアアジアXが航空運賃の適正提示を義務付けるルールに違反したとして、制裁を科したと発表した。5日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

マレーシアでは2016年7月、航空旅客の保護強化のため、航空消費者保護規則(MACPC)が発効。航空各社はウェブサイトを含むあらゆる広告媒体で、運賃を適正に表示することを求められている。税金、手数料、燃油サーチャージなどを加味した最終価格を提示しなければならない。

MAVCOMは両社が同規則に違反したとして、それぞれ16万リンギ(約435万円)の罰金支払いを命じた。エアアジアは10月26日、エアアジアXは11月9日に罰金を納付したという。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

4月新車販売、前年比6.2%増 プロトン、SUV伸張で2位浮上(05/24)

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(05/24)

RM=26.2円、$=4.19RM(23日)(05/24)

華為への米制裁、長期的に好機との見方も(05/24)

ペンタマスター、半導体不振も業績に自信(05/24)

旅客サービス料改定、10月までに決定へ(05/24)

パンコール空港が10月開港、観光振興に期待(05/24)

首都圏住民の9割、不動産価格に割高感(05/24)

住宅クラウド融資、業界では賛否両論の声(05/24)

全宇、工研院から植物由来の糖質生産技術を取得(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン