貿易摩擦で成長率1%押し下げ ICAEW予想、域内でも特に打撃

シンガポールはアジア地域の中でも特に米中貿易摩擦の打撃を受ける見込みであることが、欧州最大規模の会計士団体であるイングランド・ウェールズ勅許会計士協会(ICAEW)が発表したリポートで分かった。2020年までにシンガポールの国内総生産(GDP)を1.0%押し下げると試…

関連国・地域: シンガポールアジア欧州
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールは東南アジ…(03/20)

新規車両登録、2月は18%増 商用車と二輪車が好調(03/20)

訪日シンガポール人、2月は11%増(03/20)

マザーハウス、4月17日に1号店開業(03/20)

紀伊國屋書店リャンコート店、36年の歴史に幕(03/20)

レアジョブ、地場英会話学校ジオスを買収(03/20)

自販機運営カームス、海外展開を推進(03/20)

世界都市の生活費ランキング、6年連続首位(03/20)

19年成長率は2.4%の見通し=ICAEW(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン