• 印刷する

テイクオフ:マレーシア・クアラルン…

マレーシア・クアラルンプール中心部にある某老舗モールには、東京・秋葉原の「裏通り」の匂いがある。カメラ、プラモデル、フィギュア、カードゲームなど、趣味に関する個性的な店が集まっているからだ。

その一角に音楽ステレオ専門店がある。いつもはクラシック音楽を流しているが、その日は何と、ジャミロクワイのデビューCD! 確か「英国発アシッド・ジャズの衝撃」などの惹句が帯に付いたそのアルバムを買ったのは高校生のときだ。折りに触れて聞いていたはずだが、その店で聞くと、違う……感激の度合いが違う。

寄ってきたスタッフに感激したと伝えると、「もちろん、日本製の最高機種ですから」。そして「もう一つ、聞き慣れた音楽を新鮮に感じる方法があります」。聞いて「は?」と言い返してしまったが、帰宅後に試してみると確かにいつもと違った。それは「ちょっとだけ大きな音で聞く」だった。(北)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

32億リンギ規模の環境事業、年内に入札へ(03/22)

建設品質評価システム、20年に導入義務化(03/22)

空気汚染指数が100超え 季節外れのヘイズ、要因は異常気象(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

RM=27.1円、$=4.06RM(21日)(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

ベルマツ、20年度は販売1.6万台見込み(03/22)

プロトン、パキスタンに組み立て工場建設へ(03/22)

マレーシア航空買収、国内外の数社が関心(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン