• 印刷する

テイクオフ:12月に入り、自宅の風…

12月に入り、自宅の風呂場で頭をひねる日が続いている。寒さ対策にバスタブを据え付けたまでは良かったが、スペースの都合でインド式の小型給湯器(ギザ)しか置けないことが判明した。満たせるのは浴槽のせいぜい半分まで。熱い湯に首までつかり、う~んと伸びをするには倍の分量が必要だ。

「台所で沸かした湯を追加するといい」。極寒の北京に駐在した経験者に教えられ、手鍋で沸かした湯を足してみる。が、その効果はアラビア海にヤカンを投げ入れたという程度。次に、手鍋と中華鍋の両方で試してみると、おお、ぬるいながらも水位が上がり、湯気が立ってきた。

「僕ならじかに温める」とは家の仲介業者。給湯器が役に立たない場合、熱した棒状の器具を水に入れて沸かす方法がインドでは一般的らしい。「でも危ないから日本人には勧めない」とクギを刺されてこの案は不採用に。台所に鍋が増えていく。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:走り出す列車の窓や扉に…(06/18)

MINISOが100店舗突破 売上40億ルピーへ、ECにも進出(06/18)

自動車販売の低迷、部品メーカーに影響(06/18)

マヒンドラとフォード、SUV9車種開発へ(06/18)

ホンダの新型アメイズ、13カ月で10万台販売(06/18)

商用車アショク、任意勤務日の手当を減額(06/18)

石油各社、EV充電所の設置要件緩和を要請(06/18)

バーラト重電、太陽光発電の受注1GWに(06/18)

仏トタル、アダニガスの株式30%取得へ(06/18)

NINL、自社ブランドの棒鋼を市場投入(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン