加工食品産業への海外投資、18年は4割減

インドネシア飲食品業者連合(Gapmmi)のアディ会長は、外国企業の加工食品産業への投資が今年通年で前年比4割減の11億8,000万米ドル(約1,331億円)にとどまるとの見通しを示した。事業環境の不安定さと政府による規制が投資減の背景にあると指摘した。4日付インベストー…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:西アフリカ・コートジボ…(05/21)

ムスリム向け家電を強化、シャープ(05/21)

ジャカルタ州知事、東京で講演 情報の真偽見抜く中間層の育成を(05/21)

ヒューマンHD、比人材大手と合弁設立へ(05/21)

4月自動車販売、前年同月比18%減の8.4万台(05/21)

住商系物流、グラブと提携し小口配送強化(05/21)

31日は有給消化日に指定せず、レバラン期(05/21)

BMW、国際自動車展で新型3シリーズ投入(05/21)

3社連合維持を重視、三菱自の加藤新CEO(05/21)

航空各社が運賃引き下げ、新上限規定適用で(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン