【ASEANの消費者】第8回(最終回):シンガポールのEC

購入品に男女差 東南アジア諸国連合(ASEAN)の中で最もITインフラの整備が進んでおり、電子商取引(EC)が普及しているシンガポール。米IT大手グーグルとシンガポール政府系投資会社テマセク・ホールディングスが11月に発表した共同調査報告書「e-Conomy SEA 2018」に…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:どこの国にも迷惑なご近…(06/25)

海外直接投資が再び落ち込み 5月は前月比7割減の1.5億ドル(06/25)

オフィス賃料の上昇基調続く 向こう3~5年、再開発物件軸に(06/25)

双日と大阪ガス、天然ガス供給で合弁(06/25)

5月のインフレ率0.9%、4カ月連続で加速(06/25)

技術・医療系企業、新卒採用がなお活発(06/25)

現代自、シンガポール交通大手にEV供給(06/25)

17年以降のIPO銘柄、7割が公募価格割れ(06/25)

東南アのEC市場、急成長も宅配に課題(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン