• 印刷する

《労使》北京の労使紛争、1~10月は8%増

北京市高級人民法院(高裁に相当)によると、1~10月に北京市内の裁判所で扱った労使紛争案件は前年同期比8.2%増の2万8,113件だった。

判決が確定した労使紛争案件は2万2,468件で、前年同期比で3.3%増えた。判決が確定した労使紛争案件の98%が労働契約絡みで、報酬や経済補償金などに関する争議が目立った。

馬強副院長は3日の記者会見で、近年複雑化する労使紛争の解決に向けた施策として、仲裁機関や北京市労働・社会保障法学会、労使関係理論研究機関などとの連携を強化していく方針を示した。


関連国・地域: 中国-北京
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

6月外国投資、18年度最高に 年度累計で目標の5割突破(07/22)

6月の旅行者数、伸び鈍化 観光局、デモ影響は今後顕在化か(07/22)

テイクオフ:帰国中に思わぬアクシデ…(07/22)

中国人客の訪台に急ブレーキ 6月、エバー航空のスト影響(07/22)

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

金融の規制緩和11項目を発表 格付や債券、国内市場活性化へ(07/22)

中国、米農産品輸入へ=国営メディア報道(07/22)

チン州政府、電化率向上へ水力発電を推進(07/22)

サンマ漁獲枠導入で初合意、資源回復へ前進(07/22)

劉副首相、米通商代表らと電話で貿易協議(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン