• 印刷する

中信資本、日本オイルポンプを買収

中国国有コングロマリットの中国中信集団(CITIC)系で、香港に本拠を置く投資会社の中信資本控股(中信資本)は4日、産業機械向けポンプの製販を手掛ける日本オイルポンプ(埼玉県熊谷市)の全株式を取得したと発表した。

フランスの投資会社ウェンデルから取得した。中信資本は、CITICグループが中国を中心とする東アジア地域に持つネットワークなどを生かし、日本オイルポンプの成長を支援するとしている。

日本オイルポンプは工作機械に使われている「トロコイドポンプ」などを主力製品としている。海外は上海、台湾、インド、ドイツに拠点を持ち、今年1月にはドイツの工作機械部品メーカーの買収を発表している。

中信資本を巡っては、味の素が11月中旬、調味料などの製版を手掛ける香港子会社の全株式を、中信資本系列の投資ファンドが保有する企業に譲渡することを発表している。


関連国・地域: 中国香港日本
関連業種: その他製造金融

その他記事

すべての文頭を開く

中華圏「安全都市」、香港は13位に転落(07/19)

社会不安が労働者に影響 建設など110万人に、工聯会(07/19)

越のFDI、香港が首位独走 米中摩擦で「加速」、域内で存在感(07/19)

スタンチャート、経済成長予測を下方修正(07/19)

4~6月の失業率、15期横ばいの2.8%(07/19)

一部統計でマイナスも、政府は業界と協議へ(07/19)

抗議デモ、小売店への影響拡大=売上半減も(07/19)

高級賃貸オフィス、6月成約面積は6割減(07/19)

金鐘の企業が共有オフィス検討、デモ対策で(07/19)

極小住宅で損失か、本土デベロッパー(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン