• 印刷する

米中の交渉、90日では短い=HKGCC

香港の有力経済団体である香港総商会(香港商業会議所=HKGCC)は3日、米国が中国に対する追加関税の引き上げを猶予することで両国が合意したことについて、「交渉の期限が90日では紛争の解決には短すぎる」との見方を示した。4日付スタンダードなどが伝えた。

HKGCCのアロン・ハリレラ主席は3日に開かれた「第22回香港ビジネスサミット」に登壇。貿易不均衡や知的財産権などの主な問題に取り組むにはもっと時間が必要だとの見方を示した。ただ、現時点ではよいニュースであり、最終的にはこの追加関税が「完全に解除される」ことを望むと述べた。

ハリレラ主席は、米トランプ政権が発足してから米中関係は著しく変化したと指摘。両国の緊張関係は今後も続くとみている。

この複雑な状況を受けて、香港の中小企業に対して対策を準備するよう促した。


関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ジョルダーノ、中間期の純益4割減の見通し(19:04)

テイクオフ:「朝ラン派」か「夜ラン…(07/16)

総統選、国民党公認は韓氏に 人気健在、世論調査で他を圧倒(07/16)

香港の指輪店、日本絡め商機 風景などデザインに活用(07/16)

条例巡る衝突、大湾区政策に不利か=地元紙(07/16)

条例抗議者と警官、沙田の商業施設で衝突(07/16)

林鄭長官「誠意持って任務遂行する」(07/16)

上半期の空港統計、貨物がマイナスに(07/16)

6月のコンテナ取扱量、17カ月連続マイナス(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン