• 印刷する

ECで人気の海外ブランドに店舗設置の動き

インターネット通販サイトで人気の海外アパレルブランドの間で、インドに実店舗を設置する動きが加速している。米スポーツ用品大手アンダーアーマーとイタリアのデニムブランド「リプレイ」が来年の出店を目指しているほか、英国の女性アパレルブランド「ドロシーパーキンス」も出店を計画中だ。エコノミック・タイムズ(電子版)が4日に伝えた。

情報筋によると、米アマゾン・コムで2年間オンライン販売を行ってきたアンダーアーマーは2019年初旬に1号店を開業し、今後3年間で店舗数を10~15カ所まで増やす考えという。地場ネット通販大手のミントラを通じて商品を販売するリプレイは、地場小売り大手リライアンス・ブランズと提携し、来年前半にムンバイで1号店をオープンする予定。リライアンス側は今後数年でリプライの店舗数を20カ所まで増やす計画を掲げているとされる。

一方、地場ジャボングに商品を出すドロシーパーキンスは、オランダの若者向けアパレルブランド「スコッチアンドソーダ」を手本に出店を目指す方針。スコッチアンドソーダはミントラ限定のオンライン販売を経てリライアンス・ブランズと提携し、昨年実店舗を開業。現在は首都ニューデリーと西部ムンバイ、デリー首都圏(NCR)のノイダに1店舗ずつ構えている。


関連国・地域: インド米国欧州
関連業種: 繊維小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

THヘビー、インド沖のオフショア建設受注(06/14)

個人ノートPCシェア2割へ 台湾ASUS、細分化で市場掴む(06/14)

台湾二輪キムコが工場、ビワディで年20万台(06/14)

QLD州アダニ炭鉱開発が承認 最後の環境認可突破、計画実行へ(06/14)

ミシュラン、印でトラック向けタイヤリース(06/14)

タタ自、5月の世界販売は23%減の8.2万台(06/14)

正ワイ、インド・ミャンマーに生産拠点分散(06/14)

独シーメンス、国鉄に駆動システムを供給(06/14)

配電BRPL、首都南部にEV充電施設(06/14)

低品質の鉄鋼輸入、政府が抑止策を強化(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン