• 印刷する

労働時間減少の対象者、再び増加

台湾の労働部(労働省)が3日に発表した統計によると、労使双方の協議に基づく労働時間減少の対象人数は11月末時点で3,278人だった。

労働時間の減少を実施した企業は11月末時点で計26社。対象人数は前回調査の11月中旬時点から2,613人増加した。

労働時間減少の人数は9月末までは景気の安定を背景に対象人数は200~300人程度で推移していたが、10月上旬は3,490人、同月末は3,478人と急増していた。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

フーデックスで日本輸出増へ 台湾の出展、過去最大規模に(02/22)

台湾マイクロン、19年は1千人採用へ(02/22)

中油の戴董事長、労組が批判で退任か(02/22)

東芝メモリが上場へ、政投銀が3千億円出資(02/22)

台湾ユニクロ、19年春夏新商品を発表(02/22)

達方が世同金属を傘下に、電動アシスト強化(02/22)

康タイ科技、AIラベルプリンターを発表(02/22)

マンダレー郊外で大規模開発、ゴルフ場など(02/22)

漢来美食、CPとタイに海鮮レストラン開業(02/22)

麗宝、30億元投じレジャー施設建設(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン