石油ガス銘柄に底打ち感 原油価格に需要増の上昇見通し

マレーシア証券取引所の石油・ガス(O&G)銘柄で構成された「エネルギー・インデックス」に底打ち感が広がっている。10月に入って原油価格は下落に転じたが、来年以降、1バレル=70米ドル(約7,920円)水準に回復するとの予想から、O&G株に買いが入ったとみられる。一方で、…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

マレー系ディーラー47店撤退 プロトン、中国資本で躍進の陰で(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

ブルーキャピタル、サバ州と土地の賃貸契約(12/06)

ジェイノベーションが新店舗(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

RM1=26.1円、$1=4.17RM(5日)(12/06)

低所得向け医療保険、カバー範囲の狭さ課題(12/06)

中国汽車零件、地場企業の買収計画中止(12/06)

製造業者連盟、ガス自由化の遅延を懸念(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン