石油ガス銘柄に底打ち感 原油価格に需要増の上昇見通し

マレーシア証券取引所の石油・ガス(O&G)銘柄で構成された「エネルギー・インデックス」に底打ち感が広がっている。10月に入って原油価格は下落に転じたが、来年以降、1バレル=70米ドル(約7,920円)水準に回復するとの予想から、O&G株に買いが入ったとみられる。一方で、…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

感染拡大懸念も対策講じず 企業は各自予防、原料調達影響も(02/17)

テイクオフ:熱帯雨林気候のマレーシ…(02/17)

景気刺激策を27日発表 新型肺炎対策、100億リンギ超も(02/17)

マレーシアに再検討要請、乗客感染に困惑(02/17)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(16日正午) 世界で感染拡大、欧州で初の死者(02/17)

首相禅譲時期を21日に決定へ、11月以降か(02/17)

RM1=26.5円、$1=4.14RM(14日)(02/17)

製造業者連盟、中国から資材不足に注意喚起(02/17)

農園ゲンティン、サバ州合弁工場の全株取得(02/17)

ポスの航空機整備部門、SIAエンジが出資(02/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン