• 印刷する

今年の経済目標、高水準で達成=首相見通し

中国の李克強首相は、政府が今年掲げた経済成長率などの目標について「比較的良い水準で達成できる」との見通しを明らかにした。足元の状況については「経済の下振れ圧力は強まっている」との警戒感を示した。国務院(中央政府)の公式ウェブサイトが3日伝えた。

李首相が一部の地方政府指導者を招集し、江蘇省南京市で主宰した経済情勢座談会での発言。江蘇省トップの共産党委員会書記と省長をはじめ、黒竜江省、河南省、湖北省、広東省、広西チワン族自治区、四川省の各省長・自治区主席らが出席した。

座談会で李首相は、今年の目標達成に自信を示す一方で「国内外の情勢は複雑。景気の下振れ圧力が強まっている。困難と矛盾への十分な予測が必要だ」と指摘。政府としては今後◇さらに強力な減税と行政費用の軽減◇内需の拡大◇有効な投資の拡大◇民間投資のハードル引き下げ――といった景気対策を進める方針を説明した。

その上で地方政府に対しては「雇用が富の増加を生み、社会の安定的な発展につながる」として、雇用の安定を政策の優先課題とするよう指示。「効率的で透明、公平なビジネス環境を整備することは、経済が困難に直面した状況への重要な対応策だ」とも述べ、企業の視点に立った改革に取り組むよう求めた。

中国の1~9月の国内総生産(GDP)成長率は6.7%。政府は通年の成長率目標を「6.5%前後」に設定している。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

1月CPIは1.7%上昇、伸び率0.2P縮小(02/15)

マハティール首相、国交45周年で4月訪中(02/15)

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(09:51)

地方政府が競って中小支援策 融資に減税、中央の方針受け(02/15)

1月の貿易4%増、プラス成長に転じる(02/15)

中国、教育などに766万ドル支援(02/15)

香港航空がNZ路線撤退、北京便は増便(02/15)

米中協議、60日延長検討か(02/15)

ササ、春節の香港マカオ市場は4.8%減収(02/15)

海外からの対中投資、1月は4.8%増(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン