首都圏の建材小売物価、10月は2.3%上昇

フィリピン統計庁(PSA)が発表した2018年10月のマニラ首都圏の建材小売物価指数(CMRPI、2000年=100)は、前年同月比2.3%上昇の190.4だった。前年同月を2年8カ月連続で上回った。上昇率は前月の2.0%から加速した。 全7項目が1年3カ月連続で前年同月から上昇。…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:映画館で、今月に「国際…(03/19)

新在留資格できょう覚書締結 日比両政府、対象9カ国で先陣(03/19)

日本企業が12.4億ドル投資計画、貿易産業省(03/19)

金利据え置き予想が大勢、21日の中銀会合(03/19)

18日為替:$1=52.650ペソ(03/19)

外国航空会社の地方路線、政府が優遇検討(03/19)

セブ航空、コスト増響き18年は増収減益(03/19)

マカティ地下鉄、証取委が事業会社設立認可(03/19)

アヤラ、独自動車部品開発支援企業を買収(03/19)

アヤラ医療部門、薬局大手への出資拡大(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン