裕隆集団の董事長死去、自社ブランド育成に尽力

台湾自動車大手、裕隆集団の厳凱泰董事長が3日、食道がんで死去した。54歳だった。裕隆集団の創始者で実父でもある厳慶齢氏の「台湾生産車」の悲願を受け継ぎ、自社ブランド「LUXGEN(ラクスジェン)」の育成に尽力した。4日付中央通信社などが伝えた。 厳氏は2016年に食…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:鼻にかかった甘い声を出…(02/19)

東京計装、宜蘭に流量計新工場 20年3月稼働、将来は年産量倍増(02/19)

ドコモ、遠伝にフォトブックサービスをOEM(02/19)

TSMCのウエハー不良品、海外顧客に影響も(02/19)

18年直営子会社の輸入車販売、4社が過去最高(02/19)

台湾EMS大手、4月にバタム工場稼働へ(02/19)

南亜、剥離フィルムなど生産増強へ(02/19)

鮮活、中国3工場拡張で年産能力9.5万トンへ(02/19)

承業生医、インドネシアの病院に機器納品(02/19)

晟徳、買収加速で24年に時価総額1000億元へ(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン