• 印刷する

JICA、フロンガス回収・再生事業を支援

太洋商事(名古屋市)は11月末、マレーシアの行政都市プトラジャヤで同社が2017年から実施しているフロンガス回収・再生に向けた普及・実証事業の最終成果を発表するセミナーを開催した。

同普及・実証事業は、国際協力機構(JICA)の民間連携事業として来年2月まで実施しているもの。パイロット・プロジェクトを通じ、今年11月までの1年間で3.9トンのフロンガスを回収し、3.7トンの再生に成功した。二酸化炭素(CO2)に換算すると6,200トンの削減に相当するという。

太洋商事は今年7月にマレーシア現地法人を設立。プロジェクト終了後もフロンガス回収と再生に取り組んでいくという。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:夫の親族が他界し、結婚…(06/25)

中古物件のネット競売が人気 18年は15%増、大半は差し押さえ(06/25)

RM=25.9円、$=4.14RM(24日)(06/25)

ペトロナス格付け、ムーディーズが引き下げ(06/25)

三菱、サラワク州に3Sセンター開設(06/25)

東南アのEC市場、急成長も宅配に課題(06/25)

ポルシェ、SUV「マカン」新型を発売(06/25)

サラワクのセメント価格高騰で調査=財務相(06/25)

イラン領空の飛行回避、マレーシア航空も(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン