《知財》世界の特許出願、中国4割=17年

【ジュネーブ共同】世界知的所有権機関(WIPO)が3日公表した2017年の世界の知的所有(財産)権報告で、特許出願の受け付け国・地域当局別件数は中国が138万件で全体の4割強を占め、7年連続の首位となった。商標権、意匠権の出願でも中国はともに1位だった。 トランプ米政…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

債務の株式化促進へ、国務院が環境整備(14:50)

ファーウェイ制裁に懸念 スマホ利用者、サービス停止も(05/23)

華為が独自OSか、グーグル対抗(05/23)

香港と本土の薬品当局が協定 大湾区での認証、巨大市場に期待(05/23)

テイクオフ:広州を走るタクシーで電…(05/23)

猶予期間中はソフト更新、米グーグルが声明(05/23)

香港の優遇措置、6月にも発表=韓正副首相(05/23)

米系企業、関税の応酬に悲鳴 75%が悪影響を予測、商議所調査(05/23)

グーグルの華為取引停止、NCCが説明要求(05/23)

米中摩擦を企業誘致の機会に、FEFが要請(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン