【改革開放40年】(2)世界の工場 相次ぐ進出、加速する成長

1978年に始まった中国の改革開放は、10年余りの助走を経て飛躍的な加速期を迎える。安価で豊富な労働力を求め、中国に生産拠点を設ける海外企業の投資が拡大。特に深センを中心とする華南地域には世界中から製造業の移転が進み、「世界の工場」と称される産業チェーンが築かれた。…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 電機その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ファーウェイ、来月ソウルに5G拠点設置(17:43)

1~3月の電力消費、5.5%増の1.6兆kWh(16:43)

中石油系が給油市場に参入 地場と合弁、ヤンゴンに1号店(04/22)

塩害対策で地下工事中断、ラオス中国鉄道(04/22)

対カンボジア貿易巡り対立 米中、「貢献度」互いに譲らず(04/22)

JDIが2百億円借り入れ、INCJから(04/22)

テイクオフ:「鶏肉ご飯にしますか、…(04/22)

政府、対中批判沈静化に苦慮 中間選前に「争点化」避ける(04/22)

現代自、中国で低迷長期化 北京工場の稼働中断も(04/22)

21品目を追加関税適用除外に 米通商代表部、計85品目に拡大(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン