3日指数は続伸、1万ポイント台回復

3日の台湾株式市場で加権指数は続伸。終値は前営業日(11月30日)比249.84ポイント(2.53%)上昇し10,137.87ポイント、売買代金は1,668億4,200万台湾元(約6,150億円)だった。 12月1日に行われた米トランプ大統領と中国の習近平国家主席の首脳会談の結果、両国が90日間の協議…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:スーパーやコンビニで、…(05/27)

EMS和碩、回帰投資に149億元 R&Dなど強化、米中摩擦に対応(05/27)

TSMC、華為傘下・海思半導体への出荷継続(05/27)

TSMC、工員死亡事故で南科工場が操業停止(05/27)

群創董事長、中国への技術移転を否定(05/27)

アップルストア、2号店も信義区でオープンへ(05/27)

グローバルWifi、桃園空港で受取可能に(05/27)

華新麗華、中国銅条メーカー株を地場企業に売却(05/27)

中鋼の3Q鋼材価格、全品目を引き下げ(05/27)

21年度まで戴会長続投意向、シャープ(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン