• 印刷する

カチンで翡翠パゴダの建設計画、承認待ち

ミャンマー北部カチン州で、翡翠(ひすい)のパゴダの建設計画が進んでいる。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが1日に伝えた。

パゴダは、同州モーニン郡区モーハン村の山すそにある約4,000平方メートルの敷地で建設が予定されている。地元の僧侶、宝石商や起業家のボランティアが計画したもので、設計図を仏教の最高機関と宗教・文化省に提出した。承認されれば直ちに建設を開始する予定で、カチン州で初めての翡翠パゴダとなる。

地元の宝石商らは、パゴダ建設のために良質の翡翠原石を提供すると話している。住人の一部は6,500万チャット(約465万円)の現金と建築資材を寄付した。ボランティアの1人は「金額の大小にかかわらず寄付を歓迎している」と述べた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 鉄鋼・金属社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

官民連携に力、リスク課題も 「投資有望国」再浮上へ(下)(02/18)

三思会がクリニック開業、医療法人で初認可(02/18)

年内にQRコード統一規格導入へ、中銀意向(02/18)

オンライン登記、未対応1.3万社を抹消へ(02/18)

国連特別報告者、将軍像反対デモ鎮圧を非難(02/18)

たばこ税の脱税企業の公表求める、議員ら(02/18)

エルニーニョ現象で猛暑を予測=気象当局(02/18)

ヤンゴンではしか拡大、1カ月で248人感染(02/18)

与党顧問弁護士の殺害、2被告に死刑(02/18)

国連が1千億円拠出要請、ロヒンギャ援助(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン