• 印刷する

カチンで翡翠パゴダの建設計画、承認待ち

ミャンマー北部カチン州で、翡翠(ひすい)のパゴダの建設計画が進んでいる。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが1日に伝えた。

パゴダは、同州モーニン郡区モーハン村の山すそにある約4,000平方メートルの敷地で建設が予定されている。地元の僧侶、宝石商や起業家のボランティアが計画したもので、設計図を仏教の最高機関と宗教・文化省に提出した。承認されれば直ちに建設を開始する予定で、カチン州で初めての翡翠パゴダとなる。

地元の宝石商らは、パゴダ建設のために良質の翡翠原石を提供すると話している。住人の一部は6,500万チャット(約465万円)の現金と建築資材を寄付した。ボランティアの1人は「金額の大小にかかわらず寄付を歓迎している」と述べた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 鉄鋼・金属社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

74歳の誕生日、昨年より盛大 スー・チー氏、屋外で大規模行事も(06/21)

ロヒンギャ問題を協議へ、ASEAN会合開幕(06/21)

香港系マルガの複合開発、居住棟が完成(06/21)

ヤンゴン、2郡区で交通機関の接続事業計画(06/21)

越政府、BIDVのミャンマー事業強化へ(06/21)

商業省、ECのトラブル対応へ新組織設立(06/21)

不動産サービスのF&P、ヤンゴンに営業所(06/21)

10~5月の天然ガス輸出25億ドル、25%減(06/21)

国産唐辛子、中国の需要拡大で輸出が急増(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン