• 印刷する

香港IPO調達額予測を下方修正、デロイト

監査法人大手の米デロイト・トウシュ・トーマツの中国法人はこのほど、香港取引所(HKEX)での新規株式公開(IPO)企業による2018年の資金調達額を約2,800億HKドル(約4兆640億円)とする予測を示した。従来予測の3,000億HKドルから下方修正した。今年予定していた大型IPOの延期などを理由に挙げた。3日付香港経済日報が伝えた。

HKEXを通じて1~10月にIPOを実施した企業は176社で、調達額は2,558億HKドルだった。調達額は米ニューヨーク証券取引所(香港ドル建てで2,128億HKドル)、米ナスダック(1,836億HKドル)を大きく引き離し首位に立っている。

今月12日には、中国のインターネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のグループ企業、騰訊音楽娯楽集団(テンセント・ミュージック・エンターテインメント・グループ)がニューヨーク証券取引所に上場する予定。ただ調達額は香港ドルベースで78億HKドル程度とみられることから、今年のIPO調達額の世界ランキングではHKEXが首位を奪還するとみている。

デロイト中国の上場業務チーム共同リーダーである欧振興(エドワード・アウ)氏は、HKEXの来年のIPO動向について「第1四半期(1~3月)は貿易摩擦など不確定要素の影響を受けるとみられるが、影響が消化される年央にはIPOが活発化する可能性が高い」と指摘。欧氏は引き続きイノベーション関連の新興企業の上場が焦点になるとみているほか、中国本土の医薬、教育向けの新政策が明確化するに伴い、関連企業の上場も増えるとの見解を示した。


関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

海洋公園と香港大、教育や研究で提携覚書(02/15)

日本の消費行動に似る香港人 JNTO薬丸所長に聞く(下)(02/15)

ピーチ、6月から香港―那覇線を再開へ(02/15)

香港航空がNZ路線撤退、北京便は増便(02/15)

ササ、春節の香港マカオ市場は4.8%減収(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

香港と本土でレゴ認定店を増設へ、凱知楽(02/15)

スタンチャート、一帯一路沿線で増員(02/15)

反落、米中協議で様子見ムード=香港株式(02/15)

19年の香港長者番付、李嘉誠氏が首位キープ(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン