• 印刷する

11月の消費者物価指数、3.23%に上昇

インドネシア中央統計局が3日発表した11月の消費者物価指数(CPI)の上昇率は前年同月比3.23%だった。

前年同月比は、「食材」が4.25%、「飲食品・たばこ類」が4.00%、「教育・娯楽・スポーツ」が3.13%で、いずれもインフレ率が高かった。ただ、これらについては前月の値と比較するといずれも伸び幅がマイナスで、全体の伸びを微増にとどめる結果となった。

前月比のCPI上昇率は0.27%で前月からわずかに鈍化した。

価格変動が大きい食品とエネルギーを除いたコアインフレ率は3.03%。前月から0.09ポイント上昇した。

全国82都市のうち70都市が前月比でCPIが上昇した。最も上昇した都市はパプア州メラウケで2.05%だった。逆に最も低下した都市は北スマトラ州メダンでマイナス0.64%だった。

3日付ジャカルタ・ポスト電子版によると、ダルミン・ナスティオン調整相(経済担当)は、インフレについて「抑制できており、世界的な経済の混乱にも2018年末まで乗り切れる」と述べた。その上で失業率、ジニ係数、人間開発指数(HDI)の動向を比較し、「インドネシア経済は安定した成長を続けている」と強調した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インドネシアの企業トップ、保護主義を警戒(13:43)

観光促進に4戦略、国境観光や特別割引(12:17)

テイクオフ:ジャカルタから上海行き…(06/18)

国内初のカプロラクタム工場 原料の自給化で石化産業強化へ(06/18)

首都で来月、中国製電気バスの試験走行開始(06/18)

5月の日系自動車販売数、18%減の7.9万台(06/18)

国営建設子会社、比の鉄道事業に応札へ(06/18)

バンドン空港から新空港へ路線移行を開始(06/18)

オラントゥア小売り強化、100店舗目を開業(06/18)

小売売上高指数、4月の伸び率は1桁台(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン