租税特赦法の成立は延期か 銀行秘密法改正含まれず政府難色

フィリピンの議会が先に法案を可決した、タックス・アムネスティ(租税特赦)法の成立が遅れそうだ。上下両院の合同委員会が大統領に提出する予定の最終案に、銀行秘密法の改正などが含まれないことに政府が難色を示しているためだ。政府は、確定申告の期限である来年4月までの施…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マニラ港の混雑緩和へ空コンテナ移送を指示(16:08)

不動産ウェンセスラオ、今年は40億ペソ投資(12:00)

製造や人材活用で新たな動き 注目浴びるミ島の潜在力(中)(02/22)

日比協力インフラ合同委、大阪で第7回開催(02/22)

改正会社法が成立、事業環境改善に期待感(02/22)

国民皆保険法が成立、社会保障強化の機運(02/22)

21日為替:$1=52.130ペソ(↓)(02/22)

三菱商事系の住宅会社、ラグナで3件目販売(02/22)

政府の大型インフラ計画、法制化の動き(02/22)

小売りメトロ、サマール州と合弁で複合開発(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン