• 印刷する

テイクオフ:甘くとろける官能的な舌…

甘くとろける官能的な舌触り、鼻孔をくすぐる刺激的と言ってもいいような香り。これが果物王ドリアンである。東南アジアに長く住んでいれば、最初は嫌々食し、2度目は少しだけと口に含み、3度目からは黄金色の果実を手に取ってむしゃぶりつくようになるだろう。もちろん苦手な人にとってはとことん苦手だが。

東南アジアではタイとマレーシアが有名だが、当地でもドリアンは人気だ。一番おいしい、殻を割ってすぐのドリアンの実は地元の屋台でしかお目にかかれないので、言葉の壁がまだ高い身としては、なかなかお手軽に買えないところが悩ましい。

ところが、首都南部の繁華街ブロックMで「ドリアン祭」を来週末までやっていると言うではないか。遠く中カリマンタン州から特産のドリアンがやってきたという記事を読むだけで、今度の週末が楽しみになってくる。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

東ASEAN成長地域、事務局設置を提案(14:59)

デポック市、条例改正で車庫所有を義務化へ(14:17)

メイカルタ事業、第1期は21年に完工へ(13:40)

テイクオフ:冗談好きのインドネシア…(06/25)

ガイドウェイバスの導入検討 新交通機関で渋滞解消、運輸省(06/25)

エアアジア、8月に国内線5路線が就航(06/25)

20年の統一地方選挙、9月23日に実施予定(06/25)

アールシー、防災情報事業の基礎調査を開始(06/25)

東南アのEC市場、急成長も宅配に課題(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン