• 印刷する

ホルシム、340億円投じ生産能力3割増強

セメント大手のスイス系ホルシム・フィリピン(HPI)は3日、約3億米ドル(約340億円)を投じ、生産設備を増強すると発表した。政府が進めるインフラ整備による需要の拡大を背景に、2020年までに年産能力を30%増の1,300万トンに引き上げる。

ブラカン州と東ミサミス州の工場に窯(キルン)、粉砕機、廃熱回収発電システムを導入する。同社はこのほか、バタンガス州の工場で粉砕設備の改修、ラウニオン州とダバオ市では19年に完工を予定する工場の拡張を進めている。

同社の2018年1~9月決算は、売上高が前年同期比6%増の272億6,800万ペソ(約591億円)、純利益が24%減の17億4,100万ペソだった。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:本格的な雨期の到来は、…(07/16)

韓進造船所、国際港に転換 債権団が提案、日米など関心か(07/16)

5月の海外送金受取、5.7%増の26億ドル(07/16)

インフラ2件の変更を承認、経済開発庁(07/16)

通信PLDTの格付け据え置き、S&P(07/16)

首都圏の建材小売物価、6月は1%上昇(07/16)

全国電化計画、目標の17%止まり=監査委(07/16)

15日為替:$1=51.000 ペソ(↑)(07/16)

フェイクニュース処罰法案、上院に提出(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン