• 印刷する

TTC、中部高原で2カ所目の太陽光稼働

TTC傘下のGECはザーライ省に新たな太陽光発電所を開所した(GEC提供)

TTC傘下のGECはザーライ省に新たな太陽光発電所を開所した(GEC提供)

ベトナム複合企業タインタインコン(TTC)グループは1日、中部高原ザーライ省クロンパ郡で出力49メガワット(MW)の太陽光発電所の開所を発表した。同社にとって2カ所目の太陽光発電所で、固定買い取り制度(FIT)の適用期限である2019年6月までにさらに4カ所を国家電力網に接続する。

TTC傘下のザーライ電力(GEC)が11月4日に稼働させたTTCクロンパ太陽光発電所には、6,000万米ドル(約67億円)を投じて約70ヘクタールの敷地に20万9,100枚のパネルが敷き詰められている。設備容量は69メガワットピーク(MWp)、年間発電量は4万7,000世帯の電力消費量に相当する年1億300万キロワット時(kWh)で年2万9,000トンの二酸化炭素排出量を削減させる計算だ。

TTCは10月に国内初の太陽光発電所となるフォンディエン太陽光発電所(中部トゥアティエンフエ省)を稼働した。来年3~4月に南部ビントゥアン省で、4~5月にはタイニン省内の2カ所とロンアン省でも運転を開始し、20年までに中部~南部の6省に20案件、合計出力1,000MWの太陽光発電を整備する計画だ。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/19)

企業庁と地場VC、HCM市と企業支援で提携(07/19)

越のFDI、香港が首位独走 米中摩擦で「加速」、域内で存在感(07/19)

トヨタ、MPV「アバンザ」新型を発売(07/19)

自動車とバイク登録料、算定基礎価格が改定(07/19)

ビントゥアンの国際港、外国貨物船が初寄港(07/19)

ゴジェック運転手がデモ、報酬基準変更で(07/19)

タイ、ベトナムの車輸入規制をWTOで提議(07/19)

首相、有料道路へのETC設置強化を要請(07/19)

コージー株、HNXからHOSEに移行(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン