米当局者が不正送金に関与、マレーシアファンド疑惑

【ワシントン共同】マレーシア政府系ファンド「1MDB」を巡る汚職疑惑に絡み、米司法省の元当局者が11月30日、首都ワシントンの連邦判事に対し、米国への不正送金に手を貸すため米国の銀行に虚偽の説明をした罪を認めた。司法省が発表した。 元当局者は2016年7月から18年8月…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレー鉄道(KTM)の…(06/27)

上期の景況感、前期に続き下落 来期は改善予想、JACTIM(06/27)

RM=25.8円、$=4.14RM(26日)(06/27)

マレーシア航空再建、売却も依然視野=首相(06/27)

KL高裁、エアアジアの司法審査請求を棄却(06/27)

鉄鋼タシン、IPOでペナンに生産拠点設立(06/27)

PCGとスコミ、O&G向け化学品で提携(06/27)

エアアジア、電子決済ビッグペイを年内導入(06/27)

ハイラックス、スリランカ潤滑油工場を開所(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン