廃車処理への対応急務、社会問題化の懸念も

インドで近い将来に廃車処理が大きな社会問題になるとの見方が浮上している。2020年に処理が必要な車両が二輪車を中心に900万台に達するとの試算もある。エコノミック・タイムズ(電子版)が1日に伝えた。 インドで廃車の処理が問題となるのは、この30年近くで車両が急速に普及し…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:22日、インドは無人月…(07/24)

EV充電網に広がり 官民で推進、1千カ所の大型整備も(07/24)

現代自、傘下起亜の工場での生産検討(07/24)

印ゴーエア、プノンペン直行便を就航へ(07/24)

ボッシュの南部工場、需要低迷で一時停止(07/24)

TVSモーター、4~6月は増収減益(07/24)

輸出額1兆リンギ、パーム油など伸び達成へ(07/24)

賃金法案、最低賃金に全国共通の下限を設定(07/24)

仮想通貨の全面禁止、省庁委が提言(07/24)

住宅購入の負担増加、月収の60倍超に(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン