• 印刷する

テイクオフ:インドネシアの首都ジャ…

インドネシアの首都ジャカルタ。経済と娯楽の中心であるにもかかわらず、これ! という名産品がない。日本に一時帰国する際のインドネシア土産といえばチョコレート、バティック、インドミー(地元即席麺)と相場が決まっているが、ジャカルタ限定となると「アイ・ラブ・JKT」Tシャツくらいしか思いつかない。

地元紙によると、首都観光当局が「土産デザインコンテスト」を開催。ジャカルタの名所を紹介する絵本で入賞したデザイナーは「ジャカルタに点在する彫像の由来を地元民でも知っている人は少ない」と述べ、名所旧跡を学んでほしいと話した。

土産が少ない背景には、名物が少ないことがある。周辺国のライオン魚やらツインタワーやらみたいに、点在するあの彫像たちをプロデュースできないか。ゆるキャラにした姿を想像したらちょっと面白い。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:大統領選まで2カ月を切…(02/21)

パパママストアに変革(下) ワルン・ピンタール創業者に聞く(02/21)

ダイハツ小売り台数、1月はシェア18.7%(02/21)

豪との貿易協定締結で自動車の輸出拡大か(02/21)

完成車輸入、5カ月連続で1万台突破(02/21)

首都―スラバヤ間の高速バス運行を検討(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

首都公共バス、目標乗客数22%増の2.3億人(02/21)

北スマトラの港湾旅客ターミナルの改修完了(02/21)

エネ鉱相令、屋上太陽光発電の障害に(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン