• 印刷する

スキンケアのクラブツリー、香港全店閉鎖へ

アジア・欧米で店舗展開するスキンケア製品大手のクラブツリー&イヴリンが、向こう3カ月以内に香港にある全30店を閉店するもようだ。世界的に小売事業が縮小する中、今後はインターネット通販に注力する方針で、店舗の賃貸契約満了に合わせて閉鎖を進めるとみられる。1日付蘋果日報などが伝えた。

香港では九龍・観塘の商業施設「apm」や香港島・コーズウェーベイ(銅鑼湾)の百貨店「そごう」、尖沙咀の商業施設「K11」などに売り場がある。このうち新界・馬鞍山の「新港城中心(MOSタウン)」の店舗は12月中に、九龍の「奥海城(オリンピアン・シティー)」の店舗は来年1月に閉店するという。

従業員によると、1日の売り上げが2,000HKドル(約2万9,000円)程度の店もあるという。

クラブツリーによると、従来型の小売店舗の閉鎖を進めると同時に、来年以降は体験型店舗を設ける。今年10月からは香港市場向けのネット通販サイトの試験営業も始めている。

クラブツリーは英国ブランドだったが、2015年12月に香港上場の投資会社、南海控股がクラブツリーの株式7割を取得していた。


関連国・地域: 香港
関連業種: 化学IT・通信小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

大湾区綱要のシンポ開催 構想の可能性や取り組みを説明(02/22)

東莞の固定資産投資、5年で1兆元規模へ(02/22)

11~1月の失業率、10期横ばいの2.8%(02/22)

石垣市が食材提案、中華シェフがアレンジ(02/22)

ララムーブ、シリーズDで3億ドル資金調達(02/22)

銀行各行、大湾区地域で新事業模索(02/22)

HKEX、深センのフィンテック企業買収へ(02/22)

続伸、IT銘柄が急上昇=香港株式(02/22)

宮古・下地島空港に就航、香港エクスプレス(02/22)

深セン、越境車両のオンライン手続き可能に(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン