• 印刷する

テイクオフ:その日、台北のシンボル…

その日、台北のシンボルタワー「台北101」を望む屋外広場「四四南村」は、コンサート会場かと思うほどの熱気だった。若者を中心に約2万人が舞台のスクリーンに映し出される開票の行方を見守っている。

台北市長選の取材で、投開票日の24日夕方から現職、柯文哲氏の支持者の集会に張り付いた。「午後8時過ぎには結果が出るはず」。事前にそう聞いていたが、国民党候補の丁守中氏と一進一退の攻防が続き、日付が変わっても決まらない。正直睡魔にも襲われたが、我慢強く待ち続ける若者の姿を見て元気を取り戻した。

元外科医の柯氏は、2大政党政治から脱却して台北を変えていこうと呼び掛けたが、前回支援に回った民進党が今回は候補者を立てたこともあり、約3000票差の薄氷の勝利。1期目は市政に大胆なメスも入れたが、2期目は漢方のようなじわじわと効く手法のほうが良さそうだ。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中華航空スト収束、労使合意 既に職場復帰準備、欠航も解消へ(02/15)

ASUS、19年台湾スマホシェア13%目標(02/15)

デルタ、台湾高鉄のPISシステム受注(02/15)

デルタ、タイ関連会社の買収手続きへ(02/15)

日月光控股、1月売上高は前月比10.5%減(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

科技部、人工衛星を毎年1基打ち上げへ(02/15)

中鋼董事長、19年は「前年と同様に好成績も」(02/15)

台プラ4社の1月売上高、台塑が前年同月比増収(02/15)

18年の農産品輸出、20年来の最高に(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン