火力の石炭不足が深刻化、計画停電の恐れも

国営ベトナム電力グループ(EVN)が政府に提出した報告書で、2019年に発電用石炭の不足で火力発電所の稼働率が低下し、計画停電に至る恐れがあることを明らかにした。11月29日付VNエクスプレスが報じた。 EVNによると、石炭産地の北部クアンニン省にあるクアンニン火力発…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

ソーラー発電、M&Aが活況 今後の焦点はFITとPPA改善(06/18)

ベトナム航空、南部に物流センター建設計画(06/18)

クアンガイ省、1.6億米ドルの港湾事業認可(06/18)

ベトナムの航空旅客数、10年連続で2桁増(06/18)

ベトテルポスト、配車アプリ市場参入へ(06/18)

ハノイメトロ3号線、終点地下駅の着工準備(06/18)

小売各社、プラ製品の利用控える動き強まる(06/18)

Bグリム、越2カ所の太陽光発電所稼働(06/18)

4月の殺虫剤輸入、中国からが49%急増(06/18)

サムスンが首相と面談、取引先が越に工場(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン