買取価格引き下げ、再生可能エネの投資に影響か

台湾の経済部(経済産業省)が11月29日、2019年の再生可能エネルギー買取価格について現行から引き下げる決定を下したことを受けて、洋上風力発電への参入計画を進めている外資系企業の投資への影響が懸念されている。各社は、買取価格の維持を求めており、経済部の決定に失望感が…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾総統選まで50日余…(11/21)

10月の輸出受注、3.5%減に 1年連続でマイナス、電子上向き(11/21)

三菱グループが住宅開発加速 中心部でコンド、郊外に低価格物件(11/21)

晶元光電、来年の資本的支出を50億元超に(11/21)

エアプサン、仁川発着の中国・台湾便就航(11/21)

仁宝、米MSと工業IoT市場を開拓(11/21)

奇力新が越に生産移管、20年上期に完了(11/21)

微星科技、米企業とモバイルゲーム市場開拓(11/21)

納智捷が開発パートナー模索、リスク軽減へ(11/21)

AD措置を終了、日本と台湾の化学品(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン