食品輸入規制が外交材料に、中国の対日戦略

【共同】農林水産省は29日、中国政府が東京電力福島第1原発事故に絡む食品輸入規制を一部緩和したと発表した。農水省はこれを契機に緩和拡大を狙うが、通商政策を巡って米国と対立し、日本との関係を改善しようとしている中国にとって格好の外交交渉の材料となる。今後も小出しの…

関連国・地域: 日本
関連業種: 食品・飲料


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本でもヒットしている…(02/20)

日本支援の民法典、成立記念式典を開催(02/20)

ホンダが英工場閉鎖へ、日本回帰も(02/20)

車輸入の調査結果報告、大統領が高関税是非判断(02/20)

対日輸出、18年は微増止まり 相対的な地位低下を危ぶむ声も(02/20)

日本産鶏肉PRイベント、HCM市で開催(02/20)

楽天損保、豪同業と戦略提携 M&A関連事業を拡大(02/20)

大日本印刷、ブロックパンクに出資(02/20)

トヨタの新ハイエース、比で世界初披露(02/20)

ノベルズ、ミャンマーで食品加工事業を開始(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン