大型テレビ製品続々、4K8K放送へ臨場感向上

【共同】電機メーカーが高画質の大画面薄型テレビに力を入れ、新製品を投入する動きが相次いでいる。12月1日に始まる超高精細の4K8K衛星放送に向け、音質も追求して臨場感を向上。2011年7月の地上デジタル放送移行で購入した製品の買い替え需要などを狙う。 大手量販店ビック…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:正直、ひっくり返るとは…(06/19)

働く世代の負担は日本1位、高齢者扶養=国連(06/19)

ホンダ、越で「ブリオ」発売 小型は競争激化も韓国車を追い上げ(06/19)

FA強化へ地場メーカーに出資 三菱電機、中国市場の販路開拓(06/19)

スズキ、バイクの卸売に参入(06/19)

華為、今後2年間で売上高3兆円減へ(06/19)

パームヤシ殻を炭化し燃料に DSJ、独自開発設備を本格稼働(06/19)

訪日観光ビジネスに商機 異業種から参入、新興企業もPR(06/19)

衣料品販売ショーイチ、JBに2号店開業(06/19)

住友商事、青果販売スミフルの全持ち分売却(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン