サプラエナジー、掘削事業でも提携検討

マレーシアの石油・ガス産業向けサービス事業者サプラエナジーは11月29日、探鉱・生産(E&P)事業に続き、海底油田掘削事業でも他社との提携を検討していることを明らかにした。不振が続く同部門の底上げが狙い。複数の企業が取引を持ち掛けているという。11月30日付エッジ・フ…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 天然資源サービス


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシア気象庁による…(02/18)

収益と戦略で「7:3」運用 カザナ、幹部刷新後の新機軸表明(02/18)

KL少年野球大会、400人の選手たちが熱闘(02/18)

RM=26.9円、$=4.09RM(15日)(02/18)

ガスマレーシア、10~12月期は19%増収(02/18)

インソン、JX石油開発からO&M受注(02/18)

マリンドエア、3月から北海道便を就航(02/18)

透析施設に影響も、免許失効で病院閉鎖(02/18)

マキシス、向こう3年で設備投資10億リンギ(02/18)

ロイヤルカリビアン、マラッカにも投資意向(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン