HCM市、スマート都市オペセンター稼働へ

ベトナムのホーチミン市は、2020年までに市内全域をスマートシティー(環境配慮型都市)化する計画にとって重要な4つの施設の整備を進めている。このうち「スマートシティー・オペレーションセンター」が来年1月に市人民委員会の庁舎で稼働する予定だ。11月29日付VNエクスプレ…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

印との繊維貿易に期待高まる AITIGA、綿糸など関税撤廃(03/25)

18年の自動車生産8万台弱に 44%減で東南ア唯一のマイナス(03/25)

ビンファスト、SUVを海外に試験出荷(03/25)

越ビングループに10億ドル出資へ、SK(03/25)

ロンタイン空港、5月末がFS報告提出期限(03/25)

韓国の仁川港湾公社、HCM市に事務所開設(03/25)

小売りスペースの入居状況に変化=JLL(03/25)

東北電力、ギソン2石炭火力発電事業へ出資(03/25)

中南部のガス火発案件、複数の外資が関心(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン