太陽光総発電容量、3年間で目標100万kW

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は、向こう3年で太陽光発電の総発電容量を100万キロワットに拡大する目標を明らかにした。エネ鉱省は先ごろ、同相令『2018年第49号』を公布、屋根置き型太陽光発電の利用を促進している。29日付コンパス(電子版)などが伝えた。 再生可能エ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアで「子ども…(06/27)

MNCがテーマパーク開発 23年までに開業、東南アジア最大(06/27)

ホンダ5月販売、ブリオシリーズが好調(06/27)

ブリヂストン、ワンストップ販売店を新設(06/27)

LCC航空運賃引き下げ、7月1日から適用(06/27)

クルタジャティ空港へ11社がバス路線新設(06/27)

エアアジア、電子決済ビッグペイを年内導入(06/27)

会計士協会、ガルーダに決算書修正を要請(06/27)

スズ採掘業界、資格者不足で業務停止状態に(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン