29日指数は続伸、一時1万ポイント台回復

29日の台湾株式市場で加権指数は続伸。終値は前日比1.05ポイント(0.01%)上昇し9,885.36ポイント、売買代金は1,429億600万台湾元(約5,250億円)だった。 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が28日に講演、発言内容がFRBによる利上げの収束が近いと市場で捉えられ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界で運航便数が最も多…(07/24)

上期の卸売業がマイナス成長 貿易摩擦響く、小売・飲食は伸び(07/24)

UMC、中国子会社の科創板上場取りやめ(07/24)

欧簿客科技、台湾初のユニコーンへ(07/24)

中華電信、8月にMODの自由選択プラン(07/24)

ゴゴロがバッテリー分社化、事業拡大に注力(07/24)

聚陽の越工場で火災、生産振り替えで対応(07/24)

台湾の18年ペットフード市場、200億元規模(07/24)

マクアケ、uDesignと海外進出支援で提携(07/24)

台鉄の定時運行率、18年は08年以降で最低(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン