• 印刷する

9月の月額平均賃金363万ウォン、4.1%増

韓国雇用労働省が29日発表した「事業体労働力調査結果」によると、2018年9月の常用労働者1人以上の企業における1人当たりの月平均賃金は前年同月比4.1%増の362万9,000ウォン(約36万7,000円)だった。

産業別でみると、月平均賃金が最も高かったのは「電気・ガス・蒸気および水道事業」で、3.1%増の1,010万2,000ウォンだった。伸び率では、「宿泊および飲食店業」(183万3,000ウォン)の8.8%増が最高だった。「製造業」は4.5%増の421万5,000ウォン、「建設業」は6.7%増の297万6,000ウォンだった。

事業規模別でみると、従業員300人以上の企業は556万6,000ウォンと、2.2%増加。300人未満の企業は4.3%増の326万6,000ウォンだった。

常用労働者1人以上の企業における1人当たりの月平均労働時間は144.4時間と、前年同月に比べて26.5時間減少した。昨年は10月だった秋夕(中秋節)連休が今年は9月にあったことが影響した。産業別では「不動産および賃貸業」の161.2時間(14.4%減)が最長だった。労働時間が最も短かったのは、「建設業」で119時間(19.6%減)。「製造業」は155.8時間(16.3%減)だった。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

フェローテック、韓国関連会社が法違反起訴(02/15)

ハンファ、トルコの太陽光事業から撤退か(02/15)

国産戦闘機向け部品の加工開始、KAI(02/15)

デジタル印刷に商機あり オフセットからの転換需要が拡大(02/15)

23年に売上2兆円、韓進が経営刷新案(02/15)

現代自「エラントラ」19年モデル生産開始か(02/15)

現代・起亜自の新卒採用、各部署で随時に(02/15)

自動車3社、投資に向け優遇措置を求める(02/15)

文大統領が釜山訪問、スマート都市造成(02/15)

サムスンが新技術、ブロックチェーン関連で(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン