• 印刷する

プレスタリアン、合弁の教育事業計画を中止

マレーシアの情報通信技術(ICT)会社プレスタリアンは28日、電子商取引(EC)中国最大手の阿里巴巴集団(アリババ・グループ)などと実施する予定だったクラウド型の成人向け教育事業を中止すると発表した。

マレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)への報告で明らかになった。理由は明らかにしていないが、3社は合意を破棄したという。ただ、今後も教育分野での協業の道を模索するとしている。

プレスタリアンは2017年1月、アリババのクラウド部門「アリババクラウド」、シンガポールのソフト開発業者コンバーサント・ソリューションズと、「エデュクラウド(EduCloud)」と呼ばれるクラウドを中心としたICT教育事業をマレーシアで展開することで合意し、覚書(MOU)に調印。同年2月に開始する予定だった。


関連国・地域: 中国マレーシアシンガポール
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マハティール首相、国交45周年で4月訪中(02/15)

ベルジャヤ・ソンポ、収入保険料9.5%増目標(02/15)

GDP成長率、4Qは4.7% 個人消費主導、前期から成長加速(02/15)

RM=27.2円、$=4.07RM(14日)(02/15)

4Q経常黒字、前期比2.8倍の108億リンギ(02/15)

4Qの対外純資産、777億リンギの赤字(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

リンギ高加速、年末には3.8リンギ=RHB(02/15)

ナザ、年内に伊二輪ベスパ8モデル投入(02/15)

グラブの宅配サービス、首都圏で正式開始(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン