• 印刷する

プレスタリアン、合弁の教育事業計画を中止

マレーシアの情報通信技術(ICT)会社プレスタリアンは28日、電子商取引(EC)中国最大手の阿里巴巴集団(アリババ・グループ)などと実施する予定だったクラウド型の成人向け教育事業を中止すると発表した。

マレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)への報告で明らかになった。理由は明らかにしていないが、3社は合意を破棄したという。ただ、今後も教育分野での協業の道を模索するとしている。

プレスタリアンは2017年1月、アリババのクラウド部門「アリババクラウド」、シンガポールのソフト開発業者コンバーサント・ソリューションズと、「エデュクラウド(EduCloud)」と呼ばれるクラウドを中心としたICT教育事業をマレーシアで展開することで合意し、覚書(MOU)に調印。同年2月に開始する予定だった。


関連国・地域: 中国マレーシアシンガポール
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

東南アジアの成長率予測、5カ国で下方修正(19:27)

アリババが新興IT青田買い、コンテスト開催(19:59)

環ボルネオ高速、来年1Qに3工区の入札(18:30)

ゴム農園の6割が栽培放棄、収益低下で(19:40)

テイクオフ:8月に長男を出産し、新…(10/16)

新自動車政策、年内発表へ 恩典明文化されるか焦点(10/16)

トヨタ、カローラアルティス新型モデル発売(10/16)

超富裕層への課税強化、1億リンギの税収増(10/16)

政府債務保証に上限設定、監査局が提言(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン